ap bank fes '11 ~Fund for Japan~ チケットなしの17日編

一週間が経って
「あれ?今年は行かなかったの?」と思ってらっしゃるみなさんごめんなさい

行ってきたよ! ap bank fes '11 Fund for Japan in つま恋

毎年ご一緒しているコバちゃん夫妻がアメリカに赴任。
ただでさえ淋しいのに、もう一人のap仲間・宮ちゃんもご親族に不幸があって急遽欠席に。

突然なのに快く「行く!」と言ってくれたのはペコの心の姉・amigosさんでした。

今年もチケット争奪戦が異常にヒートアップしていたこと、
2号の試合も気になっていたこと、などありまして、
三日間の内、二日目からの参加となりました。

神奈川も静岡もものすごい暑さだった7月17日(日)。
ポコ2の試合を応援したピグ、私は横浜でポコ1とamigosさんと合流。
つま恋に向かいました。

昨年味を占めた「チケットなしでも楽しめる!」作戦で、この日はまずいっぱい予習をしてきてくれたamigosさんに
文章で理解してもなかなか感じられないapの主旨を「こういうことね」とわかってもらい、
現地でしか感じられない空気を存分に味わってもらいました。

画像

今年はいつものeco-resonanceというテーマに加え、その収益をすべて復興支援に充てるほか、
この震災のことをみんなが忘れないよう、そしてこれからしていけることを考えられるような取組も。

画像


画像


画像


ライブエリアの「ここからはリストバンド(=チケット)が必要です」のギリギリ手前のkurkku villageに今年も居心地の良い場所を見つけてどっこいしょと腰を下ろします。
昨年よりpaが良くなった?風向きが違う?いやいや演奏が上手いから?
今年は音がとってもクリアに聞こえてきて
「ここで充分じゃん♪」なんて声も。
いえいえ、ここからでは桜井さんの顔、見れませんから、それは明日のお楽しみ♪

とにかく暑かったこの日。
画像

この下に駆け込めば涼しいミストを体いっぱい浴びることが出来て
ほっと生き返ります。

でもやっぱり、自分でも工夫しなくちゃね!
これはamigosさんの一例(笑)
画像


ライブの休憩時間には
画像

こんな楽しみも。

オーガニックフーズのお店が予想以上に沢山出ていることに驚いていたamigosさん。
どこのお店もおいしくて、ビールがまた格別

画像


そしてつま恋の夕暮れは、なぜか子供の頃の夏休みを思い出させる。
あの神社の夜店?あの日のキャンプファイヤー?
みんなと居て楽しくてしょうがないのに、ふっと淋しくなる一瞬、てありませんでしたか?

画像

私たちのように今晩の宿を近くにとっている人や、キャンプチケットで参加している人は
急いで帰る必要がありません。

映画の上映があったり、丘の上の小さなステージでは夜もライブが。
今や人気絶頂のナオト・インティライミも、おととしぐらいまでは昼=ミスチルのコーラス、
夜=ここでライブ、だったんですよね。
今年は二日目に堂々とメインステージで、桜井さんにコーラスをさせてしまったのだから
ものすごい出世です。

では、続きは[ap bank fes '11 ~Fund for Japan~ いよいよ!18日編]へ。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック